行方調査の料金はどれくらいかかるかの解説

家出した家族や昔の友人、かつての恩師など、今特定の人物がどこで何をしているのか知りたいときには、探偵事務所などが行っている行方調査が役に立ちます。これは探偵や興信所に依頼される調査の中でも比較的案件数が多く、需要が高めな調査でもあります。警察は緊急性がなければなかなか動いてくれないのに対し、探偵や興信所ならよほどのことがない限り調査を行ってもらえますので、それも理由の1つでしょう。とはいえ居場所の分からない人を調査するのは大変なことで、成功するにしても失敗するにしても必要な費用や時間は膨らみがちなことが特徴的です。これからその具体的な料金について触れていきますが、事前の情報量や条件次第では安く済ませられる可能性もありますので、同時に念頭に置いておきましょう。

行方調査の料金は、難易度に合わせて相場が変わります。

まず行方調査では、多くの場合で基本料金が設定されています。これがおよそ10万円から20万円ほどなのですが、どういった案件でもこの金額で済むわけではありません。その裏には調査がどれほど大変であるかという、難易度での線引きがあるのです。行方調査は、依頼者が持ち込んだ情報を基に足を使った調査を行います。そのため最初の情報が少なければ参考資料が乏しくなり、より複雑な足の使い方をしなければならなくなるわけです。そうした案件は高難度な部類に振り分けられ、必然的に料金の相場が引き上がります。たとえば名前や年齢程度しか情報が分からないところから始めると、最終的な料金は50万円から100万円を超えるようにもなります。逆に大体の都道府県を把握していたり従事している職種が分かっていれば、10万円を切る料金で終えられる期待が持てます。どちらにせよ行方調査においては、対象者の情報こそが最も重要であると知っておきましょう。

成功報酬制度で、料金を賢く支払いましょう。

前述のように行方調査では、最低でも10万円前後の料金が掛かります。これは調査自体の成功や失敗に関わらず支払う必要があるので、ときに失敗のリスクを考えて依頼を躊躇することもあるでしょう。そんなときには、成功報酬制度を導入した探偵を見つけましょう。成功報酬制度とは、文字通り調査が成功したときのみ料金を支払うシステムです。これなら見積もりの段階で出た料金のいくらかを前払いとして支払うことにはなりますが、残りは調査の結果次第で決められます。行方調査における成功とは当然対象者が見つかることですので、結果の成否も分かりやすいでしょう。仮に成功報酬制度を用いれば、失敗時は満額のおよそ40%から60%の支払いで構いません。経済的に余裕がないときには貴重な制度となるでしょう。行方調査をどこで依頼するのかの、判断材料にもしてみてください。