行方調査の成功例と失敗例まとめ

探偵の調査には、素行調査や浮気調査等、色々な種類がありますが探偵事務所によって得意分野が異なっています。行方調査をする場合には、アンテナを広くはることができる規模の大きな事務所のほうが向いているかもしれません。特に、失踪者が地元から遠く離れた所にかくまわれているような場合だと、失踪者が元々いた場所と失踪先の両方に同じ系列の事務所があったほうが成功率は増します。逆に調査員を派遣できる範囲が狭く、現場に向かわせる調査員も素人に任せているような事務所だと失敗する可能性が高くなってしまいます。消費するお金と時間を考えると、行方調査を得意とした探偵事務所を選べるように、事前に良く調べておくとよいでしょう。また調査を成功させるためにも、失踪者に関する情報を整えておくことが大切です。

行方調査の成功事例と要因について

行方調査の成功パターンとしては、きちんとした調査が行える探偵事務所であるということと、依頼者の情報が適切であることが挙げられます。事例として、過去の恩師との再会を望んでいた女性のケースでは、恩師が教職を離れ他県に住んでいるという情報をもとに場所を判明することができました。その際、その他県にいた地元の調査員を派遣して聞き込みをすることで、早期に発見することができたという経緯があります。また、お金を貸した知人が失踪してしまったケースでは、探偵事務所同士が情報を共有し手がかりを見つけ、失踪者を発見した事例があります。色々な探偵事務所とのネットワークや、独自の調査力がある事務所だと、行方調査の成功率は高くなる傾向にあります。全国に幅広く展開している事務所ほど、行方調査に強いと言えるでしょう。

行方調査の失敗例とその原因に関して

行方調査は必ず失踪者が見つかるわけではなく、残念な結果に終わることもあります。失踪した夫を探すために妻が行方調査を依頼したケースでは、夫が不倫相手と一緒に行動しているところまでは分かったものの、尾行が途中でばれてしまい行方が分からなくなったケースがあります。原因としては、調査員の技術不足が挙げられます。探偵事務所によっては、コストを安く抑えるために現場に派遣する調査員にアルバイトを使っていることがあります。訓練を受けていない素人の尾行はばれる可能性が高まり、人員不足等も重なって失敗に繋がってしまいます。また、途中までは上手くいっていても、調査期間が長くなってしまい依頼主が費用を支払えなくなってしまった場合も調査は終了し失敗という結果になってしまいます。