初心者でもできる行方調査にて準備すべきことの解説

迷子になったり自分から失踪したり、誘拐されたり、さまざまな理由から毎年何万人もの行方不明者が出ていることをご存知でしょうか。警察に届出したとしてもそれらすべての行方調査をすることは不可能です。ただ書類として残されるだけで放置されているケースが多いのが現状です。本当に見つけ出したいと思うのであれば、自分で動くしかありません。行方調査のプロといえば探偵事務所などがあります。お金はかかりますがお願いする方がより確実に見つかるでしょう。行方調査のための設備やノウハウがあるため素人が探すよりもおすすめです。警察に届出できるのは身内に限られますが、探偵社なら付き合っている相手や友人などの行方を調べることだって可能です。ただ、依頼すればよいだけではなく準備すべきことがあります。

行方調査で準備すべきことについて

探偵事務所は元々行方不明者とは縁もゆかりもありません。そのため不明者のすべてを伝える必要があります。年齢や外見の特徴・どんな仕事をしていたか・行方が分からなくなった原因として考えられる事項・その方に縁のある土地の情報など、どこにどんなヒントが隠されているか分からない以上、何でもすべてです。探偵社は複数のスタッフを動員して心当たりのある場所を聞き込みして回ることになるでしょうから、写真なども準備していきましょう。髪型が変わったらまた印象が違ってきます。いくつかのパターンを用意しておいた方がよいでしょう。その方が使っていたパソコンや書き置きなどあればそういったものも事務所に持ち込みましょう。素人の判断で不要と決め付けないで、とにかくもって行くほうがいいでしょう。

準備物は新鮮さも命となります。

さまざまな情報があっても、その情報が何年も昔のものだと状況が変わってしまっている可能性もあります。話を聞ける相手も少なくなっているでしょう。準備物の多さとともにそれらの新鮮さもまた重要なのです。本当にその人を探し出したいというのであれば、警察への届出も大切ですが、自身でもその方の資料をできるかぎりかき集めて早めに探偵事務所に行くようにしましょう。経験豊かな調査員が見れば、何でもなさそうな遺留品から思わぬ発見があることが多いです。ただたとえ優秀な探偵であっても、何十年も昔に行方が分からなくなった方を探し出そうと思ったらそれなりに時間がかかるか、もしかしたら見つけ出せないかもしれません。早め早めの行動が必要となる世界なのです。大切な人を取り戻すためにも頑張りましょう。